酵素ダイエットの本質はファスティングです。ファスティングとは、いわゆる断食のことです。基本、やることは断食に近い。だから、やせないわけがないのです。

でも、断食と聞くと「何もそこまでして…」と思う方が大半なのでは。だって、”断食”ってもう、語感からしてつらそうじゃないですか(笑)。

ここで、もう少し聞かせてください。

断食って言われると何を想像しますか? 頬のこけた修行僧? 即身仏? 拒食症気味のセレブ?

どうもストイックで苦しいイメージがあるためか、少なからず不安を覚えて身構えてしまいます。私だってそうだった。

たしかに水だけ、あるいは何も食べないといった完全なファスティングってつらい。そりゃあたりまえです。ガマンして絶食するわけですから。それで結果、やせられるとしても、そんな苦行に近いダイエットは私にも無理です…。

プチ断食 女性

でもね、ここだけは誤解しないで。ファスティングはからだの自然な仕組みでやせる、”理に適ったダイエット法”なんです。それに、なかにはカンタンでつらくない、酵素ドリンクを組み合わせた安全重視のファスティングメソッドもあります。

まったくガマンがいらない、とまでは言いません。ですが、着実にやせられます。あなたには、今回それを知っていただきたいと思います。

そんじゃ、いきます。

最もカンタンに続けられる酵素ダイエットプログラムとは?

酵素ドリンクを使ったファスティングダイエットで確実しっかりやせましょう。

ただし誤解しないでくださいね。一般に想像されるような、水だけ、あるいは何も食べないといった、つらいファスティング(断食)とはまったく違いますよ。高品質な酵素ドリンクで必要な栄養素はしっかりと補う健康重視のスタイルです。

なかでももっとも取り組みやすく、続けるのにもハードルの低いプログラムをご紹介しましょう。

週3日~ 朝食を酵素ドリンクに置き換えるだけの「プチ断食」が最も手軽です

酵素ダイエットには、週ごとに増えすぎた体重をリセットする「3日間のファスティングプログラム」や体重をぐんぐん落とす「7日間のプログラム」などがありますが、なかでも毎日手軽に行えるのが、朝食を酵素ドリンクで置き換える、いわゆるプチ断食プログラムです。

このプチ断食プログラムでは、前日夜8時までに夕食を食べ終え、翌日の昼までの16時間は固形の食事を摂りません。16時間のうち、大半は睡眠時間ですから、実質5~6時間と短く、続けやすいのが特徴です。

夕食後~翌日の昼までに摂ってよいのは、酵素ドリンクもしくは、良質な水のみ(ノンカフェインのお茶ならOK)。

プチ断食では朝食を酵素ドリンクに置き換える。

ポイントは朝食です。

ここを完全栄養の酵素ドリンクに置き換えることで、胃腸が休まり、消化酵素の浪費が抑えられます。これにより代謝は上がり、体脂肪の燃焼効率がUP↑ します。

酵素プチ断食はやせるだけじゃない!

プチ断食を行うメリットは、”やせる”だけではありません。

たとえば、白血球が増えて免疫力が向上します。

白血球は感染症などを防ぐ免疫の細胞ですね。短期間食事をしないことで細胞が刺激を受けると、新しい白血球を生み出すことがわかっています。これは南カリフォルニア大学長寿研究所の研究で判明しました。

デトックス効果だってありますよ。というのも、有害物質は脂肪に蓄積しやすい性質があるため、ファスティングで体脂肪を燃焼させることで体内に蓄積された有害物質をも排出できるのです。

他にも、ファスティングによって「自律神経の活性化」「がん細胞の抑制」「長寿遺伝子が働く」などと言われています。酵素プチ断食プログラムは、あなたのからだに良い影響を与えます。

朝食を抜くと太る?

「でも…朝食を抜くと太るのでは?」

朝食を抜くと太ると勘違いされている方もいますが、あれは間違い。

朝食を食べるとそれにより体温上昇が起こり、代謝が上がるというのが理屈です。しかしながら最新の実験結果では、朝食を食べても食べなくても代謝に変化はなかったという報告があります。またアメリカの調査では、朝食を食べることと減量効果の因果関係を否定されています。

朝食を食べたほうがやせるのであれば、食べない人よりも代謝が良いはずですが、実際には、朝食を食べないグループと、起床後2時間以内に350kcal、午前11時までに計700kcalを摂取するグループを6週間、比較しても代謝の変化はなかったという報告結果も。

朝食を抜くと血糖値が急上昇のウソ

ついでながら言うと、朝食を食べないと血糖値が急上昇すると思われていますが、こちらも誤解があります。

血糖値の上昇に朝食を食べるかどうかは関係ありません。それよりも問題になってくるのは、朝食で何をどのように食べるか? なのです。たとえば、ただでさえ血糖値を上昇させやすい、パンや麺を早食いすると急激に血糖値はあがりますよ。これなら、むしろ食べないほうがよいくらいです。

朝食を食べる食べないにかかわらず、血糖値の上昇しやすい食べ物を早食いすると、血糖値は急上昇します!

その点、完全栄養でしかも低カロリーな酵素ドリンクは優れています。ビタミン・ミネラルなどの必要な栄養素は確保しつつ安全にファスティングすることが可能になります。

[pc]
スポンサーリンク




[/pc][mobile]
 スポンサーリンク




[/mobile]

酵素プチ断食の7つのルール

プチ断食の守るべきルールはカンタン、たったの7つ!

  1. 朝食は酵素ドリンクで置き換える
  2. 昼は食べてOK!
  3. 昼食~夕食までは間食もOK!
  4. 夜8時までに夕食を終える
  5. 8時以降でも飲み物はOK!
  6. 週3日以上取り組む
  7. 3ヶ月は続ける

プチ断食で大事なポイント

プチ断食で特に重要なポイントは3つあります。

  1. ファスティング期間を16時間とること
  2. 朝食の置き換えには、高品質な酵素ドリンクを選ぶこと
  3. 週3日以上を目安に取り組むこと

前日の夕食から翌日の昼食までに約16時間のファスティング(断食)期間を確保してください。ちなみに夜20時に夕食を終えてから16時間後が翌日の昼12時です。この時間帯は多少前後しても構いません。

大事なのは空腹状態を16時間程度、維持することです

16時間のファスティングというと不安に思われるかもしれませんが、実際には思いのほかつらくないことに驚かれると思います。おそらく16時間のファスティング時間のうち、大半が就寝時間だからでしょうね。

それに、16時間のファスティング中でも、まったく飲食禁止というわけではありません。

たとえば、水はもちろん必要なだけ飲みましょう。とくに朝のコップ1杯の水は、脱水状態のからだに必要な水分です。酵素ドリンクは基本、朝食時に飲みますが、どうしてもお腹が空いてしまったときは、回数を増やして多めに飲んでも大丈夫です。

酵素ドリンクは高品質なものを選ぶことがポイントです。過不足なく必要な栄養素がとれる栄養素がギュッと詰まった酵素ドリンクを選びます。市販の野菜ジュースやグリーンスムージーでは原材料が限られているので栄養素が絶対的に足りません。なかには添加物や加糖されているものがあるので、逆効果も。

ファスティングの効果を持続させるためにも、できれば週3日以上を目安に取り組みましょう。週3日以上から効果が出るという検証データがあります。もちろん毎日でも構いません。

とりあえず3ヶ月は続ける

ダイエット中でなくても、世の中には朝食を食べない人は大勢いますよね。要は、慣れの問題なんです。ぜひ習慣化させて乗り切りましょう。

まず、最初の1ヶ月は1kg減量を目指します。目標は3ヶ月で3kg減です。

無理な目標は挫折しやすいですし、リバウンドのもと。何よりも、健康損ねては意味がありません。

※この3ヶ月という数字には科学的な根拠があります。何か新しいことに取り組んだときに「習慣化されるのは2ヶ月経過したあたりから」という研究データがあるんです。とりあえず3ヶ月は続けてみてください。

プチ断食でヤセ体質を手に入れる

こんなに緩いダイエット法でも1年で12kg減量できますよ。しかもリバウンドしにくい“やせ体質”まで手に入るのです。ぜひ、あなた自身の体で、ファスティング(プチ断食)の効果を体験・実感してみてください。

[pc]
スポンサーリンク




[/pc][mobile]
 スポンサーリンク




[/mobile]