酵素ドリンクを使ったファスティングダイエットのやり方を3回に分けて解説します。第1回目は「ファスティング前の準備期間について」です。

そもそも酵素って何? という方はこちらの酵素で痩せる仕組みがわかる記事からお読みください。

ファスティングについて知りたい方は、まずこちらの「ファスティング」について解説した記事をお読みいただくと理解が深まるかと思います。

[pc]
スポンサーリンク




[/pc][mobile]
 スポンサーリンク




[/mobile]

いきなりファスティングを行ってはだめ!まずは準備期間が必要です

酵素ドリンクを使ったファスティングを行う前には必ず準備期間をとります。要は、ファスティングをいきなり行ってはいけないということです。

マラソンだって、走り出す前にストレッチをしてからだを慣らしますよね。それと同じで、ファスティングにもウォーミングアップの期間が必要なのです。

準備期間をしっかりとることで、体内環境は整い、万全の状態で臨むことができます。ファスティングでしっかり痩せるなら、準備期間をしっかりととってくださいね。そうすることで、効果はまるで違ってくるはずです。

準備期間はNG食を避けて、消化の良い食事を心がける

3日間のファスティングを行う場合は最低1日、1週間のファスティングの場合だと最低2日間は準備期間を設けましょう。

ところで、誤解が多いので先にお伝えしておくと、「3日間のファスティング」といっても実質ファスティングする日はたったの1日です。これは意外でしょう?

たとえば、3日間のファスティングを週末に行うとします。金曜日が準備期間だとしたら、土曜日がファスティング日、日曜がファスティング明けです。7日間のファスティングなら、準備食の期間とファスティング明けのトータル4日間を抜くと実質3日のファスティングということになります。

ファスティングはつらくない

じつはファスティングは、一般に想像されるようなつらいダイエットではありません。はじめてファスティングにトライする方にこのことを教えると、みなさんきまって驚かれます。

準備期間といっても、特に身構える必要はありません。普段の生活でOK! 気を使ってほしいのは食事の中身と食べる量です。

絶対に避けてほしい準備期間中のNGフード

まず、準備期間中の食事は消化の良い食べ物が絶対条件です。高脂質、高タンパクな食事は特に内蔵に負担がかかるので避けてください。ファスティングの効果が落ちてしまいます。

準備食の期間に食べてはNGな食べ物は次のとおり。

  • 白砂糖(お菓子もNG)
  • 肉類(ハムはソーセージなどの加工品もNG)
  • 揚げ物、炒めもの
  • 添加物の多い食品
  • カフェイン全般(コーヒーや緑茶など)

ファスティング前は、こういった消化に悪い食ベ物を可能な限り摂らないようにします。肉や揚げ物は普段以上に控えることです。

ファスティングの効果をより高めるためのフード

準備食で最適なのは消化に負担がかからず、酵素たっぷりの食材です。主食は玄米か雑穀類が基本になります。

  • 野菜
  • 果物
  • 発酵食品(納豆や味噌など)
  • 豆類(豆腐などの大豆加工品)
  • ごまやナッツなどの種実類
  • わかめや昆布などの海藻類
  • 魚(特に小型の青魚)
  • きのこ類(しいたけ、なめこ等)
  • いも類(じゃがいも、さつまいも等)

どうしても外食するなら、これらの食材がとれるメニューを選びます。

オーガニック・マクロビオティックな食事

最近ではオーガニックマクロビオティックローフードベジタリアンのお店も増えてきているので、そういったお店を近所や通勤路で見つけておくと良いかも。

それに、コンビニやファミレスとかでもこういった玄米食や雑穀を組み合わせたヘルシーなメニューを見つけることができます。

もし仮にこういった食材を使うメニューが見つからなければ、最初にサラダを注文して食事の最初に新鮮な野菜をできるだけ多く摂るようにすれば大丈夫です。

だからといって、食べ過ぎはもちろんNGですよ。ファスティングに入るまでに、食べる量も少しずつ減らしていきましょう。

何事も急はだめなんです。

理由はさまざまあげられますが、ひとつ大きな理由としては人間の機能的な問題があります。

たとえば準備期なしで急にファスティングを行うと、からだはどう反応するでしょう。

答えは簡単です。人間のからだは、十分食べられず栄養不足が続いても生き延びられるような仕組みになっています。つまり、からだに脂肪を効率よく蓄えて、なんとか体重を落とさないようにがんばってしまうのです。

これを避けるにはゆるやかに少しずつ食べる量を減らし、からだに気づかれないようにすることです。

では、ここまでをおさらいします。ファスティングの準備期は、

  • ファスティングの効果を上げるために、酵素が多く含まれた消化に良い食材を摂る
  • ファスティングの効果を落とすNGフードは避ける
  • ファスティングの効果をさらに上げるために、主食は玄米か雑穀類が基本
  • ファスティング日にいきなり食事量を落とすのはダメ! 食べる量を少しずつ減らしてファスティングに備えましょう

ついでながら言うと、夕食は夜8時までに終えておくことです。夜10時以降は、どんなに食べたくなっても我慢! 翌日はファスティング日なので、胃腸がゆっくりと休めるようにしておきましょう。

[pc]
スポンサーリンク




[/pc][mobile]
 スポンサーリンク




[/mobile]