優光泉の口コミ・レビューをシリーズでお届けしています。今回は優光泉スタンダードと梅味の実食レポートです。続き物なので最初からお読みいただくと、優光泉について詳しくなれます。

  1. 酵素ドリンクの「優光泉」のレビュー!お得な2本セットに申し込んでみました
  2. 優光泉の「お得な2本セット」に申し込んで2日後に届きました。中身はこんな感じ!
  3. 優光泉酵素を購入したので”実際に飲んで”レビューします ← いまココ!

「優光泉」酵素を選んだ理由は以下の3つです。

  • 完全無添加で無希釈の酵素原液。添加物が入っていないので安心!
  • 原材料は多種で野菜・薬草・海藻・果物・穀物など60種類。産地は厳選されています
  • 麦芽糖による抽出でローカロリー、自然な甘さで飲みやすいと評判です

[pc]
スポンサーリンク




[/pc][mobile]
 スポンサーリンク




[/mobile]

優光泉は完全無添加でからだにやさしい酵素ドリンクです

ダイエット、体質改善、野菜不足解消とさまざまなメリットのある酵素飲料ですが、しっかりと効果を実感するためには高品質なドリンクであることが条件です。そのため、酵素ドリンクは無添加・無希釈(薄められていないもの)の酵素原液が基本。

添加物が入っているものや、薄められているものはできるだけ選ばないようにしましょう。優光泉は完全無添加で無希釈の酵素原液なので安心です。これはボトルの裏面、原材料表示で確認できます。

優光泉スタンダード 裏面 原材料名の表示優光泉(スタンダード)ボトルの裏面 原材料名の表示

優光泉梅味 裏面 原材料名の表示優光泉(梅味)ボトルの裏面 原材料名の表示

JAS法によって、飲料・食品には必ずこういった「原材料名」の表示が義務付けられているので、他社の酵素ドリンクを選ばれる際に必ず原材料名を確認するようにしてください。ちなみに最初に書かれるのは食品原料で、次に添加物を記載するという法律による決まりがあります。

ふだん見慣れている食材や糖類の記載に続いて、「○○料」「○○剤」と書かれたものがあった場合、それ以降はすべて添加物です。このことを知っておくと、添加物が入っているかどうかを簡単に見分けることができるようになりますよ。

では、実際に優光泉ボトル裏面の「原材料名」表示を見ていきます。

優光泉の原材料名は大根・キャベツ・ニンジン・トマト~最後がわかめとなっています。最初から最後まで食品ですから、添加物は入っていませんね。つまり完全無添加です。

参考までにコカ・コーラゼロの原材料名も見てみましょう。

コカ・コーラゼロの原材料名表示

コカ・コーラゼロの原材料名

  • 品名 炭酸飲料
  • 原材料名 カラメル色素、酸味料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、スクラロース)、香料、カフェイン
  • 内容量 500ml
  • 賞味期限 容器上部に記載
  • 保存方法 高温・直射日光をさけてください
  • 販売者 コカ・コーラ カスタマーマーケティング(株) 東京都港区六本木6-2-31 国産

参考リンクキリンメッツコーラ(特定保健用食品)とコカ・コーラZEROを飲み比べてみたの巻

自分で撮ることも簡単でしたが、あえて画像はこちらからお借りしました。センスのいい画像がたくさんあるよいブログです。

コカ・コーラゼロの原材料表示を見て、あなたは食品をいくつ見つけることができましたか? 答えから言うと、カラメル色素からカフェインまで、ここに記載されているものはすべて添加物です。

要は、水に添加物を混ぜて作った飲料ということになります。そもそも添加物は食品ではありません。しかしながら現実にこういった飲み物には数多くの添加物が使われることが多いです。

そのなかでも、主なものをご紹介します。

主な食品添加物

  • 甘味料(甘みをつける)
  • 香料(香りをつける)
  • 酸味料(酸味をつける)
  • 保存料(保存性を高める)
  • 酸化防止剤(酸化を防止する)
  • 着色料(着色する)
  • 乳化剤(水と油を混ざりやすくする)

特に多いのが甘味料と香料です。アセスルファムKスクラロースはノンカロリーで甘みも強いため、炭酸飲料やジュース、コーヒー、紅茶などに使われています。酵素飲料も例外ではありません。

アセスルファムKは、イヌを使った実験でリンパ球の減少やGPT(肝臓障害の際に増える数値です)の増加が認められています。妊娠中のネズミに投与した実験では「胎児への移行も認められた」というデータがあります。これは人間でも起こり得ることです。

スクラロースについてはネズミを使った実験で、胸腺(きょうせん)や脾臓(ひぞう)のリンパ組織に萎縮が現れたそうです。妊娠したうさぎに投与した実験では、一部で流産や死亡例も。

参考リンクアセスルファムカリウムの指定について(厚生労働省行政情報)

参考リンクスクラロースの指定について(厚生労働省行政情報)

ファスティングダイエットに使う酵素ドリンクは無添加でからだに安心なものを選びたいですね。

というのも、ファスティングを行ったからだは”たとえると吸収のよいスポンジ”ですから、良くも悪くもそのときに食べたものをスムーズに吸収してしまいます。添加物がたくさんはいった食事(酵素ドリンク)をしていたら、からだへの蓄積や将来の影響も大きいはずです。

こうした不安を払拭するには、添加物を摂らないようにするしかありません。

本来は食べものや飲み物って、食品原料からのみ作られるべきなんです。家庭で料理するときに、味が物足りないからといって添加物を使うことはないですよね。

食品添加物をメーカーが使う理由は、製造コストを下げたり、保存・流通の手間をなくすためです。要はメーカーにとってメリットがあるからで、残念なことにそのメリットは消費者であるわたしたちのメリットではないのです。

添加物の多い食品=質の低い食品!?

食品衛生法(第4条)では、添加物を「食品の製造過程において又は食品の加工若しくは保存の目的で、食品に添加、混和、浸潤(しんじゅん)その他の方法によつて使用する物」と定義しています。文面からみても、明らかに食品とは違う扱いです。

参考リンク食品衛生法

添加物は食品ではありません。添加物が多いということは、それだけ食品から遠ざかるということで、言い換えると質の低い食品であるということが言えると思います。

それに、添加物の中には安息香酸Naのように急性毒性が強いものもあります。こういった添加物を、なかにはまったく問題ないと言う方もいますが、それは単に添加物の影響を、感じるか、感じないかの違いです。

そのままにしておくと、いずれこういった作用が蓄積されて重い症状につながることも考えられるので、できるだけ添加物の少ないものを選ぶよう努力したほうがよいです。

原材料は野菜や薬草、果物、海藻、穀物など60種!

原材料の数は60種! これほど多くの食材を家庭で揃えようと思ったら食費がかかり過ぎますし、食材の下ごしらえといった手間も大変です。優光泉酵素なら飲むだけでこれらの野菜や、果物、海藻、穀物を手軽に取り入れることができますよ。

野菜不足の解消に役立ちます。

大根(福岡・熊本・北海道)・キャベツ(福岡・熊本)・ニンジン(福岡・熊本・長崎)・トマト(福岡・大分・熊本)・きゅうり(福岡・熊本)・じゃがいも(福岡・熊本・長崎)・さつまいも(福岡・鹿児島・熊本)・パイナップル(沖縄)・里芋(福岡)・かぼちゃ(福岡)・れんこん(佐賀)・ごぼう(福岡)・昆布(北海道)・レモン(和歌山・小豆島)・リンゴ(福岡・青森)・山芋(福岡)・生姜(福岡・高知)・パパイヤ(宮崎・沖縄)・スイカ(福岡・熊本・大分)・メロン(福岡)・あんず(福岡)・もも(福岡)・いちじく(福岡)・キダチアロエ(福岡)・スギナ(福岡)・ヨモギ(福岡)・菜の花(福岡)・あけび(福岡)・かりん(福岡)・イチゴ(福岡)・しいたけ(福岡・大分)・まくわうり(福岡)・とうがん(福岡)・せり(福岡)・みつば(福岡)・もやし(福岡)・クマザサ(福岡)・ぶどう(福岡)・ぐみ(福岡)・キュウイ(福岡)・梅(和歌山)・びわ(福岡)・きんかん(福岡・鹿児島)・つわぶき(福岡)・柿の葉(福岡)・しそ葉(福岡)・米(福岡)・大豆(福岡・北海道)・小豆(福岡)・はとむぎ(福岡)・粟(福岡)・キビ(福岡・北海道)・松葉(福岡)・杉葉(福岡)・桧葉(福岡)・松樹液(福岡)・杉樹液(福岡)・桧樹液(福岡)・すもも(福岡)・わかめ(福岡)

優光泉の野菜

ちなみに原材料の産地はほとんどが九州産。旬の野菜を多めに配合して作られています。もちろん残留農薬や放射線の検査も行っているので安心してください。家庭で、これだけの野菜をバランスよく揃えるのはとても大変ですね。

コスパと栄養面で比較! 野菜ジュースとどっちがいい?

手軽に野菜がとれるということで、伊藤園の「一日分の野菜」や「充実野菜」、カゴメの「野菜一日これ一本」などの野菜ジュースは人気ですが、こういった野菜ジュースに使われる野菜は25種程度と少ないです。

一方で、優光泉は原材料が60種! さまざまな栄養成分(たんぱく質、糖質、食物繊維、各種のビタミン類とミネラル類)が豊富に含まれています。

慢性的な野菜不足が気になる方、体質改善をして内側からきれいになりたい方、ダイエット期間中の栄養補給と代謝UP↑ が目的の方は、必要な栄養素をたっぷり効率よく補給できる優光泉酵素を選びましょう。優光泉酵素は砂糖は使わず麦芽糖による抽出だからローカロリーです。添加物も一切入っていません。

野菜ジュースにもメリットはあります。優光泉は1杯あたり145円なのに対して、こういった野菜ジュースは110円程度と安く、コンビニで手軽に買うことができます。

わたしはいまでも野菜不足が気になるときに、コンビニで野菜ジュースを買って飲んでいますよ。なかでもおすすめはカゴメの「野菜一日これ一本」です。栄養強化のための添加物を使っていないところがお気に入りです。

優光泉を飲んでみました。わたしのおすすめは温かいお湯割りです

優光泉スタンダードを飲んでみた

まずは優光泉のスタンダードです。原液を計量カップに注ぎます。

とろっとした液体です。

ボトルから甘酸っぱい香りが広がりました。そっと口に含むとやさしい甘さ! 感じで言えばはちみつに近いような気がします。このおだやかな丸みのある甘さは”使用している糖が他社と違う”からですね。

じつは、優光泉は発酵に使う糖に白砂糖ではなく、高価な麦芽糖を使っています。この麦芽糖というのは糖類のなかでも最も美味な甘みとして知られているくらいおいしい糖なんです。しかも白砂糖よりもローカロリーですよ。ここだけの話、一般の飲料に使われることが少ないのは、コストが高くつくからです。

さて、梅味のほうは甘みよりも酸味が強くて、どちらかというとさっぱりした味わい。梅味といってもそんなに梅を感じません。飲んだ瞬間に「あーそう言われれば梅かなあ?」という程度。

あとから野菜の味も感じるような…気のせいかな?

わたしは、おいしさと飲みやすさでいえば断然スタンダードです。プレーンな甘さで、ヨーグルトとのソースとしてもたしかに合いそう。

いまはファスティング明けのグリーンスムージーを飲みやすくするために”はちみつ”を混ぜていますが、優光泉にして栄養をプラスしてもいいかな。公式サイトによると、コーヒーや紅茶に、天然の甘味料としても使えるそうですよ。家庭でドレッシングを作るとき、砂糖の変わりに使えばローカロリーで健康的なドレッシングが作れますね。

ホットかアイスか悩みますが夏はやっぱり、氷を入れてアイスで飲むのがいいかな。炭酸水割りはダイエットのときに、空腹感の解消に役立ちそうです。ちなみに70度以下なら有用菌が死滅しないので温かくして飲んでもOK! からだを冷やしたくないマクロビ派にも嬉しいのではないかと思いました。

優光泉ひとつで、いろんな楽しみ方ができますよ。

優光泉 ホットで飲んでみた

事前に沸騰させて冷ましておいた65度のお湯を用意しました。優光泉スタンダードと冷ましたお湯を1:4で割ります。温かくして飲むと、からだのなかに染みわたる感じがあっておいしい! 女性に冷えは大敵なのでHOTで飲むのが断然おすすめです。

スタンダード・梅味のどちらも試しに飲んでみましたが「とにかくおいしい」の一語につきます。原料は国産の安心野菜など100%で、しかも完全無添加、無希釈の酵素原液。天然の甘みと酸味が生きていて、自然なほのかな香りがします。これがなんと1杯あたり145円!

どちらの味も飲みやすいですが、初めての方は優光泉「お得な2本セット」で飲み比べしてみることをおすすめしています。


[pc]
スポンサーリンク




[/pc][mobile]
 スポンサーリンク




[/mobile]